スタッフブログ

  • HOME
  • スタッフブログ

H28.12/23 「神経科学から考えるパーキンソン病のリハビリテーション」に参加してきました!

みなさん、こんにちわ。
私は去る2016.12.23”神経科学から考えるパーキンソン病のリハビリテーション”セミナーを受けて参りました。
理学療法士の先生によるセミナーです。
このセミナーを受講しようと思ったのは、違う分野の方々がどう考え、どう向き合っているのか
角度、視野をかえて、見てみたいと思ったからです。

まず、パーキンソン病とは…
主に40~50歳代以降に発症し、ゆっくり進行する原因不明の神経変性疾患です。
神経伝達物質のひとつであるドーパミンが減少することで起こると考えられています。
50~60歳代で発症することが多いのですが、時には40歳前に発症する方もいます。
一般的には遺伝する病気とは考えられていませんが、若い段階で発病した方の中には、遺伝子の異常がある方がいる事が 解ってきています。

次に症状は…
手の震え(振戦)手足のこわばり(固縮)動作が緩慢(寡動・無動)転倒しやすくなる(姿勢反射障害)が代表的です。

また、片側から始まり、他の部分へ進行する特徴もあります。
その他、便秘、立ちくらみ、睡眠障害、抑うつなども認められます。

具体的には、じっとしている時に片側の手や足がふるえる表情が乏しく抑揚のない声になる、関節が硬く、引っかかりを持つ、
立ち姿が少し前かがみで歩き方が小刻みである、歩く際に手を振らない、歩き始めや途中ですくむ、また次の一歩がなかなか出ない、
すくんでも音や線をまたぐなどっをきっかけによくなる、身体がどちらかに傾く、よだれが多くなる、トイレが近くなる、
汗が多くなる、手足のむくみ、などの訴えがあります。

今回は理学療法士の立場から、歩行訓練の仕方、身体の支え方、きっかけの作り方や、ご本人が、どんな事に困り、
リハビリをどうするのか学習しました。

今までなら当たり前にできる事が、当たり前でなくなった。
ひとつの動作をするために、自分で前もって準備しなくてはいけない。
自分が思っている事と違う事をやってしまう。
自分では、できているという思ってやっているが客観的にみるとできていないなどを受けて

では、歯科衛生士として、口腔リハビリテーションに取り入れてみようと思ったことは…

・気付きを促す(できている事、いない事)
・準備状態を作る(声かけ、音楽を取り入れそれに合わせて、キューをいれる)
・視覚的に(鏡を見ながら)トレーニングする
・時間を決めてトレーニングする
・10円玉などを使い手指の巧緻性をみる(固縮しないように)
・記録をつける
・模倣にならないようにする(模倣の方がご本人にとってやりやすいので本来の機能評価ができにくい)
・定期的に評価、目標設定する

1日があっと言う間のセミナーでした。
これを機会にまた1段ステップアップしたなーと実感できるように日々努力…..!!

檜山

H29.2/16(木)「子供の行動を感覚統合の視点から理解しよう!」すみすみ研修に参加してきました!

2月16日に布市 敦子先生のすみすみ研修に参加させてもらいました。
テーマは「子どもの行動を感覚統合の視点から理解しよう!」でした(^^)/

宿題や授業に集中出来なかったりした時に「もう少し!」という声掛けよりも「あと4項目中1項目だよ!」
という声掛けの大切さだったり、書いて覚えることが苦手な子に対しては、写真に撮ったりして、見て覚えるという
自分もあんまりやったことがなかった勉強方法の新しい視野がひろがりました!

子どもの大人への1歩にもなる身支度を整える習慣として鏡を見る大切さだったり、体を楽しく洗うために
可愛いシュシュのようなスポンジを使って、子ども自身が感触を楽しんで習慣につながることができると教わりました!

鏡をみることにより、自分の身だしなみへ意識を向けることができるんだなと驚きました!(^^)!

靴のかかとをきちんと履いたり、座っているときに時々ストレッチを入れることによって、体の体幹を整えて、
手先の器用さにもつながるということも教わりました!

些細な行動ですが、大切にしていかないといけないんだなーと思いました!

そして、「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズの漫画本の中には、友達関係、時間の使い方について
わかりやすく説明してくれている漫画もあるということを知りました。
自分もぜひ、読んでみたいなと思ってます!

高垣

H29.2/16(木)「子供の行動を感覚統合の視点から理解しよう!」すみすみ研修に参加してきました!
H29.2/16(木)「子供の行動を感覚統合の視点から理解しよう!」すみすみ研修に参加してきました!
H29.2/16(木)「子供の行動を感覚統合の視点から理解しよう!」すみすみ研修に参加してきました!
H29.2/16(木)「子供の行動を感覚統合の視点から理解しよう!」すみすみ研修に参加してきました!
H29.2/16(木)「子供の行動を感覚統合の視点から理解しよう!」すみすみ研修に参加してきました!

H29.2/6 節分で豆まきをしました★

アイオライトでは、節分で豆まきをしました!(^^)!

紙を丸めて豆を作りました★
初めは、怖がっていた子供たちもお互いを助け合って鬼に立ち向かっていたりして、
新たな一面もみることができました!!

途中からは、鬼になりたがる子供もいて、順番に鬼になりきったりして
大人も子供も楽しい節分を過ごすことができました(^^)/

高垣

H29.2/6 節分で豆まきをしました★
H29.2/6 節分で豆まきをしました★
H29.2/6 節分で豆まきをしました★
H29.2/6 節分で豆まきをしました★

H29.2/15(水)「野菜のお話会」に行って参りました。

「野菜のお話会」に行ってまいりました。
無農薬、無肥料の安心して食べられる旬の野菜
種からこだわった和歌山県橋本市の橋本自然農園代表 橋本 進さんのお話でした。

ちょうど湯里に畑を借りて、食育開始~~!!というタイミングでこの「野菜のお話会」をお声かけ頂きました。
自然農法?そもそも有機農法ってなに?!という超どしろうとの私にもわかりやすいお話でした。

肥料をあげるから、それを食べに虫がくる。自然農法の野菜には逆につかない。
そして、自然農法の野菜は腐らずカラカラになってひからびていく。
有機農法には肥料がありその肥料にアンモニア成分があるので腐るというお話でした。
そしてなんと、アイオライト農園(って言っても15㎡ほどですが。(笑))に来て
教えてくださるとのこと!!なんてラッキー★でもその前に院長と橋本さんの農苑見学に行ってまいります。

又ブログで報告させていただきます!こうごきたい!!
市岡

食育開始のお知らせ!!

兼ねてよりお知らせして参りました、食育を4月よりスタートさせる事となりました。
東住吉区湯里6丁目にある「体験農園グリーンファーム湯里」の2区画、16㎡を借り、無農薬、有機栽培を行います。
子どもたちに自分で耕し、育て、収穫し、食べるを体験してもらおうというこころみです。

不定期ではありますが、
★土曜の10時~13時位を考えています。
★開催日は送迎は行えませんので、保護者様が送迎をお願い致します。
★皆でおにぎりを作りますので、昼食はこちらで提供いたします。
★受給日数(支給日)より1日使いますので、支給日数の確認をお願い致します。
★必ず1ヵ月前に日程告知致しますので、参加希望の確認をとらせていただきます。
★開催日が雨の日は、畑には行かず、他の事を企画いたします。

詳しくは市岡、松江、堀内までお気軽にお尋ねください!

市岡

食育開始のお知らせ!!

2/15(水)堺市重度障害者歯科診療所に見学に行ってきました

先日、堺市にある”堺市重度障害者歯科診療所”に見学に行ってきました。
こちらは障害のある方で、一般の歯科診療所での治療が困難な方々を診療するための診療所です。
大阪大学時代にお世話になった先生が、麻酔の考え方、知識、注意点、障碍者治療に対する考え方を
御教示頂きました。本当にありがとうございました!
また、麻酔医、障害者歯科専門医、看護士、歯科衛生士が連携をとり、取り組む姿勢に感銘を受けました!!
少しでも、日常の診療に役立てていきたいと思います。

www.sakai-da.or.jp/plaza.html

理事長

2/15(水)堺市重度障害者歯科診療所に見学に行ってきました
2/15(水)堺市重度障害者歯科診療所に見学に行ってきました

H29.2/5(日)ウィリング横浜にて「障害児者の摂食・嚥下リハビリテーション」セミナーを受けて参りました

訪問歯科と放課後デイの仕事に係わるようになり、食べる事が大変な方、食べる前に準備が必要な方、食べられない方、
そんな方々にしかもコミュニケーションがうまくとれない方にどうしてあげたら良いのか、具体的に知りたい、また
今の指導法やトレーニングが個々にあったものになっているのか判断したいと思いました。

今回のセミナーでは子供の発達の基礎から評価・診断・指導訓練と症状を混じえながらの勉強となりました。

障害をもつ子供さんはトレーニングを始める時期や内容など重要なポイントとなり、見守ること、くり返すこと、
評価すること、楽しく過ごすことが大切だと感じました。言葉でのやりとりができなくてもコミュニケーションを
とることはできるんだとも思いました。

また思い込みや先入観にとらわれず、柔軟な姿勢で接することが出来る人でありたいと思いました。

全ての人に”いつも楽しくおいしく食事ができる”を目標にこれからも頑張っていきます。

檜山DH

H29.2/5(日)ウィリング横浜にて「障害児者の摂食・嚥下リハビリテーション」セミナーを受けて参りました

1/27(金) アイオライト歓迎会

1/27(金)に、アイオライトでは、3月から入社予定の四方君の歓迎会をさせて頂きました(^^)/
大阪!!!という事で新世界の串カツを食べに行きました!!!

スタッフの自己紹介から始まり、プライベートのお話まで聞くことができ串カツもすごく美味しくとても楽しい歓迎会になりました!(^^)!

3月から一緒に頑張っていきましょう!!!!

理事長ありがとうございました★

堀内

1/27(金) アイオライト歓迎会
1/27(金) アイオライト歓迎会

CAN第60回 言語障害セミナーに参加して参りました

2017年、1月29日(日)市岡、松江、堀内の3名でがっつり1日猛勉強してきました。

CANとは、コミュニケーション、アシスト、ネットワークの略で淀川区の十三に拠点をおき活動しているNPO法人です。
特に、代表理事の山本 正志先生は言語聴覚士であり、特別支援学校の先生もしていた事から、ゲームを通して、言葉、あそび、コミュニケーションを育てる支援をされています。

去年、市岡が十三でのモーニングセミナーに参加し、その時、色々ツールなども教えて頂き、今回は「ダウン症の子のコミュニケーション支援」という事で活用できるゲームはあるか?と参加してきました。予想通り今回も良いツールを紹介してくださいました。

山本先生、いつも即使えるアイデアを楽しく教えて下さりありがとうございます(*^_^*)

市岡

CAN第60回 言語障害セミナーに参加して参りました
CAN第60回 言語障害セミナーに参加して参りました
CAN第60回 言語障害セミナーに参加して参りました
CAN第60回 言語障害セミナーに参加して参りました
CAN第60回 言語障害セミナーに参加して参りました
CAN第60回 言語障害セミナーに参加して参りました
CAN第60回 言語障害セミナーに参加して参りました
CAN第60回 言語障害セミナーに参加して参りました

H29.1/26(木) すみすみ特別研修

今回は「実施指導対策セミナー」というお題で東京から、小澤信朗行政書士がいらっしゃいました。

タイトルからおわかりいただいたように今回は支援セミナーではなく、対行政セミナーなので、管理者 市岡、松江で参加して参りました。「実施指導対策セミナー」とありましたが、9割は平成29年以降の報酬改良に備えた対応についての話でした。

「特にすべての指導員→資格か実務経験を証明する必要がある」という事を取り上げてました。

ほんと…..行政って…..(*_*)

H29.1/26(木) すみすみ特別研修
H29.1/26(木) すみすみ特別研修
H29.1/26(木) すみすみ特別研修