スタッフブログ

  • HOME
  • スタッフブログ

仕事について 「なぜ仕事は嫌われる?」

仕事=どうしてもネガティブなイメージがありますよね。

「あ~明日から仕事か~(._.)」など・・・

でも、なぜこんなに仕事は嫌われるのでしょうか?

「面倒くさい」「時間が拘束される」「そもそも好きではない」など・・・

簡単にまとめると「強制」なのでしょうか?

生きる為に仕方なく仕事している、そして日本では他のものも犠牲にする

といった事が美徳としている。

日本ではよりその傾向が強いのかもしれませんね。

ですので、楽しそうに仕事をしている「yuotuber」などが

脚光を浴びるのもその辺から来ているのかもしれません。

でも逆の発想で、もし仕事が楽しかったら、嫌いではなかったら。

すごく毎日が楽しくなりませんか??

ではどうしたら仕事が楽しくなるのでしょうか?

好きな事を仕事にするなど様々な発想があるかもしれません。

個人であればそれで大丈夫かもしれませんが、僕的には仕事を通じて

”何かを形として、時間をかけて実現する”

つまりある程度の「理念」が必要になってくるのかもしれないですね。

そして、時間をかけていくので、時には少し仕事から

離れていくのも大事になってくるでしょう。

「働き方改革」がそういった形になってくると良いな~っと願ています(^^♪

 

20191209_001

理事長 山田 武史

あまり、他人を意識しない(~自分の軸をしっかり持つこと)

情報化社会において、

”あの人は、今度、月に行くらしいで!?”

”You Tuberでめっちゃ稼げるみたいやで”

とかいった情報はいやおうなしに入ってきてしまいます。

そうすると相対的に、それに比べて自分は・・・という考えは多少出てきてしまいます。

その考えがそもそも不幸の始まりになってしまいます・・・。

しかし、社会生活において、他者と共存するからには避けては通れません。

そこで大事になってくるものが、

自分の軸をしっかり持つということです。

つまり、自分にとって幸せな事は何か!?という基準をある程度持っておかないと振り回されてしまいます。

しょせん、他人の言う事も氷山の一角で、すごい話に聞こえても、それはほんの一部に過ぎません。

ですので、僕自身も自分なりの軸をしっかり持って、日々、それに向けて無理なく行動するように心掛けています。

「千差万別」という事ですね(^-^)

20191209_001

理事長 山田 武史

おススメの絵本

ルルちゃんのくつ下が片方なくなってしまいました・・・

どこに行ってしまったのでしょうか?

物を大切にする、くつ下さんの気持ちになって考える!

という事を教えてくれる一冊です。

 line_1580187247997

山田院長先生(中)

理事長 山田 武史

おススメの本

今回は、あのビルゲイツや、オバマ元大統領も絶賛したビジネス本を紹介します。

line_1580187044760

なにがすごいかと言いますと

・この本の著者は、この本を最後に亡くなっています・・・

まさにこの本のために、全てを捧げたという事

・しっかりとした、確率、統計のデータをもとに事実に基づいて書かれているという事

確率、統計は、実は最強の学問というのを聞いた事があります。

一昨年、大リーグで優勝したチームも、コーチ陣に確率、統計学者をそろえていました。

データの重要性が示されたのです。

どんなに、インターネットが普及しても我々の先入観や思い込みにより、正しく物事を視ることが難しくなっています。

これからの情報社会において、冷静に物事を捉えることの重要性を教示してくれる一冊です。

20191209_001

理事長 山田 武史

 

「はい、大丈夫です!!」は、本当に大丈夫なのか?(客観的に捉えることの重要性)

「どうですか~、大丈夫ですか?」⇒「はい、大丈夫です!!」

そして、次の日に入院…

お見舞いに行くと、「大丈夫ですか?」⇒「はい、大丈夫です!!」

よく、こんな光景を目のあたりにしませんか?

僕も仕事上、「入れ歯の方、どうですか?」⇒「はい、大丈夫です!」

そして口の中を視ると、傷ができていたり…。

これは、色々な意味合いがあるかと思うのですが、今のところ何とか生活できているし、痛みなく食べれているし、あまり迷惑かけたくないし、構われたくないし、自分は何とか1人でやっていきたい!!などがあるかと思います。

つまりは、僕が思うに、やはり人間ずっと1人というわけにもいかないので、第3者が客観的に視るということが、大事なのではないでしょうか?

問題が発生したり、距離感が近すぎると、冷静に判断できなくなる傾向があります。

例えば、認知症の人が自分は認知症ではない!とか、親御さんがうちの子に限って…、などはその例ですね。

ですので、何か起こる前に、常日頃から気心を許せる人が身近にいるだけで安心しますよね。

山田院長先生(中)

理事長 山田 武史

「論語と算盤」について

日本の資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一の本をご紹介します。

渋沢栄一の手がけた企業は、みずほ銀行、王子製紙、あさひビール、いすず自動車など、名だたる企業ばかりである。

では一体、何がすごいのか!?

簡単にまとめますと、

①孔子の教えに伴った、道義を伴った会社経営をする

②他者をまず、優先し、世の中のために、公益を追求しなさい

という教えである。

この事を、激動の明治~大正にかけて、唱えたというのも又、感嘆します!!

やはり、古典というのは、受け継がれているものが多いので、腑に落ちるものが多いような感じがします。

これからも、新しいビジネスがうまれては消えたり、多くのセミナー、ビジネス本が出たりするが、つまりは、道理にかなっているかというのが、肝心だったりするのではないだろうか?

つまりは、結局は、時間をかけて、人格を磨き続けていく事が大切である。

というような事を、案に論じてくれる一冊です!!

経営者の方は(そうでない人も)おススメです!

line_883197197125724-1

山田院長先生(中)

理事長 山田 武史

 

子供と読みたい絵本

僕の大好きな安野光雅の絵本の1つです。

楽しく、学ぶというのが、本来理想なのですが、この絵本は子供に合えばすごく楽しんでくれます。

まよいみち=迷路の事なのですが、大人が読んでも十分に楽しめます。

僕も、まだまだ  まよい(迷い)中です…(笑)

line_883193482248278

山田院長先生(中)

理事長 山田 武史

せなけいこ展に行って来ました♪

先日“せなけいこ展”に絵本を探しに行って来ました!

せなけいこさんの絵本は、切り絵を中心に作成され

文章もシンプルですが、構成もしっかりしておりメッセージ性もあります。

やはりスマホもいいですが、絵本の方が好きです(^^)

 

(個人的にはルルちゃんの靴下が好きです★)

IMG_9335

 

20191209_001

理事長 山田 武史

子供の虫歯予防について

たまには歯のことも書きます!!

やはり、ご自身のお子さんを虫歯にはさせたくないですよね・・・

 子供の虫歯予防について簡単にまとめます!

①フッ素使用の徹底

②飲食回数のコントロール

③プラークの量を減らす

 

①まずフッ素ですが

やはり歯科医院で塗布するフッ素(これが濃度一番しっかりしています)

目安は3ケ月に1回と言われています。

そして家庭ではフッ素入りの歯磨き粉(こちらも歯科医院で販売している歯磨き粉)

濃度500ppw以上!!

IMG_9337 (2)

さらにうがいができるならフッ素洗口!

(※フッ素は身体に悪いという話を聞きますがこの濃度なら害はないとされています)

unnamed (2)

 

②飲食ですが、お菓子・ジュースです・・・

だらだら食べることにより口腔内が常に酸性の状態になり

虫歯のリスクが上がってしまいます。

 

③プラークの量についてですが歯ブラシ!!

そして磨けていないところは、仕上げや歯科医院にて取り除く。

 

いかがでしょうか?(*‘∀‘)

 

20191209_001

理事長 山田 武史

新年会を行いました☆

先日、難波の”つるとんたん”にて新年会を行いました。

今回はお子さんの参加も多く

大変賑やかで楽しかったです(^^)/

IMG_9019IMG_9338

  IMG_8935

20191209_001

理事長 山田 武史