H29.2/5(日)ウィリング横浜にて「障害児者の摂食・嚥下リハビリテーション」セミナーを受けて参りました

  • HOME
  • スタッフブログ
  • H29.2/5(日)ウィリング横浜にて「障害児者の摂食・嚥下リハビリテーション」セミナーを受けて参りました

訪問歯科と放課後デイの仕事に係わるようになり、食べる事が大変な方、食べる前に準備が必要な方、食べられない方、
そんな方々にしかもコミュニケーションがうまくとれない方にどうしてあげたら良いのか、具体的に知りたい、また
今の指導法やトレーニングが個々にあったものになっているのか判断したいと思いました。

今回のセミナーでは子供の発達の基礎から評価・診断・指導訓練と症状を混じえながらの勉強となりました。

障害をもつ子供さんはトレーニングを始める時期や内容など重要なポイントとなり、見守ること、くり返すこと、
評価すること、楽しく過ごすことが大切だと感じました。言葉でのやりとりができなくてもコミュニケーションを
とることはできるんだとも思いました。

また思い込みや先入観にとらわれず、柔軟な姿勢で接することが出来る人でありたいと思いました。

全ての人に”いつも楽しくおいしく食事ができる”を目標にこれからも頑張っていきます。

檜山DH

H29.2/5(日)ウィリング横浜にて「障害児者の摂食・嚥下リハビリテーション」セミナーを受けて参りました